Tinker BoardにTimeMachineサーバ導入(最後の最後で失敗)

MacBook Airを買ったので、使われていなかった1TBのUSB HDDをつないで、TimeMachineサーバにもなるようにやってみました。
USB-HDDをつないで、「sudo fdisk -l」で接続を確認します。

sudo fdisk -l
Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sdb1 * 63 1953520064 1953520002 931.5G af HFS / HFS+

ということで、ちゃんと/dev/sdb1につながっていることが確認できたので、UUIDなどを「sudo blkid /dev/sdb1」で確認します。

sudo blkid /dev/sdb1
UUID="a7fb4295-f16e-38d4-bce5-60cbd55b7dfc" LABEL="TimeMachine" TYPE="hfsplus" PARTUUID="2ded4cd8-01"

typeが”hfsplus”となっているので、このタイプのHDDを読み込めるようにします。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install hfsprogs hfsplus

/etc/fstabに追記します。

UUID="a7fb4295-f16e-38d4-bce5-60cbd55b7dfc" /mnt/hdd-tm hfsplus force,rw,user,auto 0 0

再起動してちゃんと機能するか確認します。

sudo df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
/dev/root 15G 2.3G 12G 16% /
devtmpfs 943M 0 943M 0% /dev
tmpfs 1008M 0 1008M 0% /dev/shm
tmpfs 1008M 8.7M 999M 1% /run
tmpfs 5.0M 4.0K 5.0M 1% /run/lock
tmpfs 1008M 0 1008M 0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1 63M 7.3M 56M 12% /boot
/dev/sda1 932G 633M 931G 1% /mnt/hdd-tm
/dev/sdb1 2.8T 790G 2.0T 29% /mnt/hdd1
tmpfs 202M 0 202M 0% /run/user/1000

つながってはいますが、/dev/sda1と/dev/sdb1が入れ替わっています。UUIDで登録すべきということを実感しました。
NETATALKのサイトを久しぶりに覗いてみると、つながる。最新バージョンは3.1.11ということで、最近アップデートされていないようなので、参考にしているこちらのサイト「Techのdatebook-備忘録-」をそのまま使わせて頂きます。
ですが、「aptitude」というコマンドが通らないので、インストールします。

続いて、たくさん一気にインストール。と、思ったら「libmysqlclient-dev」がなんとかと言っているmysqlをインストールしてもできないので、スルーして進めます。

本題のnetatalkはソースからビルドするようです。時間がかかります。

インストール結果の確認は、sudo netatalk -Vです。
nsswitch.confに追記します。

afs.confを編集します。

ここで、止まってしまった。netatalk.serviceがない。。。。とほほ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください