JavaScriptの練習:オブジェクト・prototype-based language

JavaScriptのオブジェクトは関数(function)で指定するという。面白いですね。
詳しくはMDNをご覧ください。
続くprototype-based languageというのが面白かったので、備忘録的に残しておきます。
1.まずは普通にオブジェクトの型を設定

2.次にそのオブジェクトを設定

3.その後でオブジェクトのプロトタイプに関数を追加

4.先に設定したオブジェクトの関数を呼び出すと、あとから追加したオブジェクトの関数が反映されている。

これだけなんですが、新鮮でした。

他の言語だとこれは、オブジェクトというかクラスになるんじゃないの?って思っていたら、ありました。

オブジェクト・クラスの継承も可能です。そのあたりはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください