FLASKも試してみた

Kivyも悪くないが、なんとなくゲームっぽい作りになりそうで趣味に合わないような・・・
ということで、Flaskを試してみることに。公式のTutorialにある掲示板みたいな物を作るプロセスです。
http://study-flask.readthedocs.io/ja/latest/02.html
このままだと、「flaskr/__init__.py」で止まってしまいます。
flask.extは、使われていないので、コメントアウトして下に追加しています。

これで、localhost:5000にアクセスすると、こんな画面ができます。

htmlとpythonのやりとりがわかりやすいですね。これをelectronで動かすことはできるのだろうか・・今後、試してみよう。。

あと、処理結果の表示にこれだけ頭を悩ませるpythonって一体なんだと思い始めている。

YouTubeでDerekさんによるKivy Tutorialを学ぶ②(kivy.uix.floatlayoutとkivy.uix.floatlayout)

引き続き、2回目、kivy.uix.floatlayoutとkivy.uix.floatlayoutについてとなります。

ということで、Windowサイズの?%という指定のfloatlayoutを使って見ましょう。
画面はこうなります。

“YouTubeでDerekさんによるKivy Tutorialを学ぶ②(kivy.uix.floatlayoutとkivy.uix.floatlayout)” の続きを読む

YouTubeでDerekさんによるKivy Tutorialを学ぶ②(kivy.uix.widgetまで)+日本語対応

2回目は、こちらです。

今回は、ラベルのレイアウトなので、今のうちに日本語に対応しておきましょう。

この組み合わせで指定します。無料のフォントはあちらこちらにあります。
なお、macではこれで動きましたが、Windowsでは文字コードをShift-JISに変えて読み直しとかやってなんとか表示できました。macの方がすんなり表示できるなんて、なんか不思議。
“YouTubeでDerekさんによるKivy Tutorialを学ぶ②(kivy.uix.widgetまで)+日本語対応” の続きを読む

YouTubeでDerekさんによるKivy Tutorialを学ぶ①

Kivyに関する情報は、Kivyの公式ページ日本語翻訳ページですが、なかなか捗らないというか、集中できない。
そんなか、YouTubeでKivy Tutorialって検索するとなんだか出てくる出てくる。その中で、Derekさんのビデオをちらちら見てみました。バージョンの違いからだと思いますが、その通りやると動かないので、適宜変換しながら進めてみました。

“YouTubeでDerekさんによるKivy Tutorialを学ぶ①” の続きを読む

MacBook Air アプリ導入 その2

ようやく、アプリ導入に着手したのは入手後2日経っていた。

1. Officeソフト:Libre Office
実際は、まだ使っていないけど、iMacで使っていた記憶があり、こちらを選択しました。

2. Browser:Google Chrome
セキュリティのところを深く考えなければ、ログインすると、ブックマークや記憶しているパスワードを呼び出してくれるのは魅力的です。特に、忘れっぽいおじさんには。

3. テキストエディター:ATOM
本当は、miにしようかと思ったのですが、なんとなく今風な感じがしたので、こちらにしました。あまり使っていないのですが、多用するアプリなので使い勝手などはこれからですね。

4. FTPクライアント:FileZilla
これは、CyberDuckとClassicFTPと3つを比べてこちらにしました。CyberDuckはAppleStoreだと2900円と出て来て、なんとなく無料で使い続けると気持ち的に良くない。ClassicFTPは「.htaccess」みたいなファイルが見えないので、やめました。
ちなみに、Finderも最初は「.htaccess」が見れません、ファイル名を作れません、という状態ですが、こちらのサイトからコマンドを拝借して対応しました(大文字小文字は使い分けが必要です)

5. 統合開発環境:Eclipse(というか、Pleiades)
自分の開発能力は別として、Java、Perl、PHP、c・c++、Rubyなどてんこ盛りです。その分、ファイルもでかい、2.5gbもあります。

6. mac/iPhone開発環境:Xcode
このためにMacBook Airを買ったようなものなの。でも、Apple Developer Programに個人でも登録は年間1万以上かかる。どうしたもんか。一旦、登録はやめて後で考えることにする。

7. SSH
ターミナルから任意のサーバにアクセスできるらしい。「ssh -l login_user hostname」。今度試してみます。

8. アプリケーションフォルダにあるユーティリティから多用しそうなものをDockに登録
とりあえず、ターミナルとスクリプトエディタを登録しました。

これで、一通り揃ったかな。ここまでのインストール作業等でHDDは41gb程度使用とOS含めてこのサイズ。128gbのSSDで十分ではないかと思った次第です。