雪の天城山

天城湯ヶ島温泉での宴会の前に、雪が残る天城山を登ってきました。
ゴルフ場脇をスタートし戻る短いルート(シャクナゲコース)なので、ハイキング気分でした。特に危険個所もなく、よく整備されていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタートのゴルフ場わきの駐車場 富士山もきれいに見えます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すぐに四辻
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裸の木
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アマギシャクナゲ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

急登っぽいが短いので特に問題なく通過
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

万三郎ちょい下にある分岐
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂の一等三角点
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風情のある山頂の標識
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬酔木のトンネル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬の背からみた万二郎
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

万二郎岳
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後までいい天気でした
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊豆が岳で技術向上度チェック

伊豆が岳は昨年登った山です。旧正丸峠から勢いよく登り始めたものの、すぐにばてばてとなり、また、小さいピークが続く厳しいコースで苦い思い出のルートです。
この1年間で、体力・技術がどれだけ向上したか確認してきました。

21Kmも歩きました。去年は12Kmです。当然ペースも良好です。男坂もクリアしました。

DSC00883


 中目黒から飯能までノンストップで行けるのは素晴らしい。飯能からも乗り換えはスムーズで、7時に家を出て9時には正丸に到着です。旧正丸峠は芦ヶ久保寄りのところから登ります。

DSC00837

立派な木が岩の上に聳えています。

DSC00840

いったん車道に出ますが、すぐに山道になります。

DSC00845
DSC00847

旧正丸峠は昔の面影っていうけど、そうだろうね。

DSC00848

景色もよくなってきました。

DSC00849

きつい階段なんだけど凍っている。

DSC00851

最初のピークは川越山。これから多くのピークを越えます。

DSC00853

正丸峠に狸の看板。

DSC00858

関東ふれあいの道

DSC00861

天皇陛下が景色をご覧になった場所に到着。

DSC00865
DSC00867

ちょっと高い。

DSC00870

男坂です。

DSC00879
DSC00880

伊豆が岳の由来です。

DSC00881

景色もいいですね。

DSC00884

高畑山。この前も山梨で登ったような・・

DSC00889

子の権現にある手のオブジェ

DSC00900
DSC00902

社務所

DSC00903

点線のルートはちょっと整備が弱い

DSC00909
DSC00910

大高山にいくと東吾野になってしまうのでこの辺で帰路に。

DSC00914

伊豆が岳で初心者山登り訓練

山登りを始めたばかりの2013年2月。伊豆が岳で練習登山してきました。

山登りを始めたばかりの初心者向けの冬季山登り訓練として、奥武蔵は伊豆ヶ岳にトライしてきました。お気軽に訓練と思っていましたが、ちょっと欲張って、旧正丸峠からぐるっと回ってしまいました。1000mに満たない山と甘く見ていましたが、アップダウンが続き完全にバテバテになってしまいました。水がなくなって困ったところで出てきた水場で飲んだ水は本当においしかった。
DSCN0195

始まりは西武線正丸駅。東急東横線とつながって便利になりました。
DSCN0171

すぐに杉林の中を歩きます。
DSCN0173

大きな岩があり、登山の雰囲気はばっちり。
DSCN0175

旧正丸峠からぐるっと回っています。
DSCN0176

川越山のピークです。雪が残っています。
DSCN0180

杉林は変わらず。人の手の入った場所です。
DSCN0183

伊豆ヶ岳とある茶屋でしょうか。道路でここまで来れるのですが、下から足で登ったから価値がある。
DSCN0185

また、小さなピーク。しっかり看板があり、安心感が高い。(=初心者に優しいコースの証)
DSCN0187

こんなところにも看板。
DSCN0188

う回路の案内。
DSCN0192

伊豆ヶ岳の頂上です。いい天気でよかった。
DSCN0195

またまた小さなピーク。
DSCN0196

ウソが近くを飛んでいました。
DSCN0219

西吾野駅に着いたらもう夕暮れでした。
DSCN0222