暑くても棒の折山


暑さに弱い体を鍛えなおそうと8月の棒の折に行ってきました。

河合駅から一度奥多摩街道に出て、川の反対側を登らなければならないのに、間違えた。
“暑くても棒の折山” の続きを読む

暑さ訓練@大岳山

暑さになれるため、わざわざ低い山に行ってきました。想定以上に汗だくになりました。
総歩行距離は16kmくらいなので、訓練としてはいいコースです。危険個所はなく(鋸尾根は多少ありかも)、ひたすら歩く感じで富士山も見えず、風景もないですが、樹林帯で風が吹くと心地よかったです。

御嶽駅前のビジターセンターのオジサンは大変親切です。初心者も経験者も安心して相談できると思います。

御嶽駅。ぼーっとして階段を下りたら転んだ。痛かった。それ以上に寂しかった。

“暑さ訓練@大岳山” の続きを読む

奥多摩・六つ石山は侮ってはいけない


侮ってはいけない、その1:南アルプスがこんなに見えるんです。右には乗鞍岳も見えます。


このルートはお気に入りとしてキープしたいですね。

水根のバス停を降りるとお猿さんがお出迎え。

昔道もあったんですね。

しばらく行くと鷹ノ巣山方面と分岐
“奥多摩・六つ石山は侮ってはいけない” の続きを読む

高水三山

天気の回復を期待して奥多摩・高水三山に行ってきました。天気は、回復というより晴れて暑かった。

P1000702_R登山口は風流な蕎麦屋の前でした。

P1000704_Rいきなりの急登を超えるとあとは、比較的緩い斜面が続き、最初のピークに到着です。

P1000708_R次のピークにつくまでに空は晴れ間が出てきました。

P1000709_R見通しもよく、いい感じでした。

“高水三山” の続きを読む

川苔山

久しぶりに川苔山に登ってきました。
寒の戻りで天気も悪く、積雪や凍結を心配していましたが、アイゼンも使わずに済みました。

寒く、天気もはっきりしないせいか人は少ない鳩ノ巣駅(御岳でほとんどの人が降りてしまった)
P1000527_R

最初の急登を登ると分岐があり、林道方面へ
P1000528_R

緩斜面を歩いていくと雪が出てきた。
P1000530_R

“川苔山” の続きを読む

紅葉の奥多摩

紅葉を期待して奥多摩は御前山に行ってきました。

奥多摩駅にはホリデー快速で。
登山客が多く、2台目のバスに乗れました。
P1000021

“紅葉の奥多摩” の続きを読む

御岳山から日の出山・金毘羅山、ゴールは五日市

久しぶりに良く歩きました。
GPSの調子が悪く、うまく記録できませんでしたが、炎天下の中、かなり歩きました。

登山口のきれいなアジサイ
DSCF0505

登山口過ぎて気づいた休憩所
DSCF0506

しばらく歩くと手作り感いっぱいの看板
DSCF0512

大塚山の休憩所
DSCF0514

御岳山神社の山門
DSCF0522

日本武尊の時代からあるといわれている木
DSCF0523

山小屋発見
DSCF0527

関東平野がきれいに見える
DSCF0540

山百合
DSCF0541

あきる野の山里
DSCF0542

奥多摩・御前山

雪が降った翌日の1月31日 奥多摩の御前山に行ってきました。
(「ごぜんやま」と読みます。平安・鎌倉時代の御姫様○○御前をほうふつさせますが、
個人的には江戸情緒ある「おまえさん」のほうが好みです。
だからと言って、名前は変えてくれませんが・・・)

境橋のバス停で降りて、奥多摩駅寄りのほうに登山道に続く道があります。
DSC01664

山は白くなっています。
DSC01665

トレースがない!と、思ったら道を間違えた。
DSC01666

結構上の方まで民家があります。DSC01667

たぶん、この家が最も山奥の家。DSC01668

これは民家ではなく、東京都の施設DSC01669

一応林道を歩きますが、こんな感じ。
DSC01670

かなり整備されていて、こういう広場がいくつもあります。DSC01673

DSC01674

ここから登山道に入ります。手前の登山口は道が崩壊していて閉鎖中。DSC01675

DSC01676

ここにも広場
DSC01677

DSC01678

しかも丁寧な看板多いDSC01679

山頂下の避難小屋はこんなにきれい。ただし、ガラス張りなので、外から丸見え。DSC01682

DSC01683

DSC01684

山頂の質素な看板。
DSC01685

対峙するようにあるちょっと大きな看板DSC01686

山頂は広場になっていて、ゆったりとごはんDSC01687

DSC01688

奥多摩六つ石山・ナイトビバーク

ナイトビバークの訓練を行いました。奥多摩駅を23:00に出発し六つ石山を向かっている内に、カモシカ山行モードになったため、手前のお社付近でビバークしました。
帰りは9時30分ころ水根沢バス停に到着しましたが、バスは行った後で、それからバスも電車も待ってばかりと非常に接続が悪く、帰宅したのは13:00をまわってました。

奥多摩駅のトイレの前でテントを張っている人がいた。土合と勘違いしていないか?
と、思いつつ登山道に向かう
DSC01498

登山道入り口です。こんなところまで民家が・・・という感じで正直驚きました。
DSC01500

夜なので、こういう看板しか写真なし
DSC01502

これも看板
DSC01507

すでに片付けが終わっている朝の光景です。
DSC01508

六つ石山の山頂へ向かうコース
DSC01511

山頂はガスがかかっていた。
DSC01513

しつこいガスですが、太陽と相まって幻想的な光景になりました。
DSC01515

三角点です。
DSC01516

感動モノの光景です
DSC01518

師匠とぱしゃり
DSC01520

トリカブトの花が咲いていた
DSC01521

水根沢に降ります。先日の帰路と重なります。
DSC01522

産土神社(うぶすなじんじゃ)といいます
DSC01523

奥多摩湖が見えてきました
DSC01524

むかしみち  そのまんまですが、いいですね。
DSC01525