湯の丸山でワカンの練習

上越に向かう途中で湯の丸山でワカンの練習してきました。

スキーのリフト乗り場から登山開始
DSCF0484

完全なスキー場
DSCF0485

ゲレンデを過ぎるとすぐに鐘が・・
DSCF0489

傾斜は結構厳しかった。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もうじきで頂上です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頂上に到着。周りには4名だけなので静かです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頂上は風が強いので、ちょっと降りて食事
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いい景色です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浅間山も見えたOLYMPUS DIGITAL CAMERA

鐘のところから分岐してスキー場を歩かないようにOLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回活躍したワカンOLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は駐車場のそばに出てきたDSCF0490

奥多摩六つ石山・ナイトビバーク

ナイトビバークの訓練を行いました。奥多摩駅を23:00に出発し六つ石山を向かっている内に、カモシカ山行モードになったため、手前のお社付近でビバークしました。
帰りは9時30分ころ水根沢バス停に到着しましたが、バスは行った後で、それからバスも電車も待ってばかりと非常に接続が悪く、帰宅したのは13:00をまわってました。

奥多摩駅のトイレの前でテントを張っている人がいた。土合と勘違いしていないか?
と、思いつつ登山道に向かう
DSC01498

登山道入り口です。こんなところまで民家が・・・という感じで正直驚きました。
DSC01500

夜なので、こういう看板しか写真なし
DSC01502

これも看板
DSC01507

すでに片付けが終わっている朝の光景です。
DSC01508

六つ石山の山頂へ向かうコース
DSC01511

山頂はガスがかかっていた。
DSC01513

しつこいガスですが、太陽と相まって幻想的な光景になりました。
DSC01515

三角点です。
DSC01516

感動モノの光景です
DSC01518

師匠とぱしゃり
DSC01520

トリカブトの花が咲いていた
DSC01521

水根沢に降ります。先日の帰路と重なります。
DSC01522

産土神社(うぶすなじんじゃ)といいます
DSC01523

奥多摩湖が見えてきました
DSC01524

むかしみち  そのまんまですが、いいですね。
DSC01525

伊豆が岳で技術向上度チェック

伊豆が岳は昨年登った山です。旧正丸峠から勢いよく登り始めたものの、すぐにばてばてとなり、また、小さいピークが続く厳しいコースで苦い思い出のルートです。
この1年間で、体力・技術がどれだけ向上したか確認してきました。

21Kmも歩きました。去年は12Kmです。当然ペースも良好です。男坂もクリアしました。

DSC00883


 中目黒から飯能までノンストップで行けるのは素晴らしい。飯能からも乗り換えはスムーズで、7時に家を出て9時には正丸に到着です。旧正丸峠は芦ヶ久保寄りのところから登ります。

DSC00837

立派な木が岩の上に聳えています。

DSC00840

いったん車道に出ますが、すぐに山道になります。

DSC00845
DSC00847

旧正丸峠は昔の面影っていうけど、そうだろうね。

DSC00848

景色もよくなってきました。

DSC00849

きつい階段なんだけど凍っている。

DSC00851

最初のピークは川越山。これから多くのピークを越えます。

DSC00853

正丸峠に狸の看板。

DSC00858

関東ふれあいの道

DSC00861

天皇陛下が景色をご覧になった場所に到着。

DSC00865
DSC00867

ちょっと高い。

DSC00870

男坂です。

DSC00879
DSC00880

伊豆が岳の由来です。

DSC00881

景色もいいですね。

DSC00884

高畑山。この前も山梨で登ったような・・

DSC00889

子の権現にある手のオブジェ

DSC00900
DSC00902

社務所

DSC00903

点線のルートはちょっと整備が弱い

DSC00909
DSC00910

大高山にいくと東吾野になってしまうのでこの辺で帰路に。

DSC00914