MacBook Air アプリ導入 その2

ようやく、アプリ導入に着手したのは入手後2日経っていた。

1. Officeソフト:Libre Office
実際は、まだ使っていないけど、iMacで使っていた記憶があり、こちらを選択しました。

2. Browser:Google Chrome
セキュリティのところを深く考えなければ、ログインすると、ブックマークや記憶しているパスワードを呼び出してくれるのは魅力的です。特に、忘れっぽいおじさんには。

3. テキストエディター:ATOM
本当は、miにしようかと思ったのですが、なんとなく今風な感じがしたので、こちらにしました。あまり使っていないのですが、多用するアプリなので使い勝手などはこれからですね。

4. FTPクライアント:FileZilla
これは、CyberDuckとClassicFTPと3つを比べてこちらにしました。CyberDuckはAppleStoreだと2900円と出て来て、なんとなく無料で使い続けると気持ち的に良くない。ClassicFTPは「.htaccess」みたいなファイルが見えないので、やめました。
ちなみに、Finderも最初は「.htaccess」が見れません、ファイル名を作れません、という状態ですが、こちらのサイトからコマンドを拝借して対応しました(大文字小文字は使い分けが必要です)

5. 統合開発環境:Eclipse(というか、Pleiades)
自分の開発能力は別として、Java、Perl、PHP、c・c++、Rubyなどてんこ盛りです。その分、ファイルもでかい、2.5gbもあります。

6. mac/iPhone開発環境:Xcode
このためにMacBook Airを買ったようなものなの。でも、Apple Developer Programに個人でも登録は年間1万以上かかる。どうしたもんか。一旦、登録はやめて後で考えることにする。

7. SSH
ターミナルから任意のサーバにアクセスできるらしい。「ssh -l login_user hostname」。今度試してみます。

8. アプリケーションフォルダにあるユーティリティから多用しそうなものをDockに登録
とりあえず、ターミナルとスクリプトエディタを登録しました。

これで、一通り揃ったかな。ここまでのインストール作業等でHDDは41gb程度使用とOS含めてこのサイズ。128gbのSSDで十分ではないかと思った次第です。

macbook air 導入

その昔はmacを使っていたが、仕事でWindowsを使う様になり、ずーっとWindowsばかり使っていた。一時期、子供用にiMacをkったりしたけど、基本はWindowsだった。
しかし、Arduino情報とか見ていると、iPhoneからコントロールできる様なことが書いてあり、とても魅力的にみえ、WindowsノートPCは子供にあげてMacBook Airを買ってしまった訳です。
パスワードを登録すると、自分用のアイコンが出来るのですが、それがなんとキスマーク。さすがにセンスが悪いので、直ぐに変えました。
システム環境設定ー>ユーザとグループー>自分のところにあるキスマークの上に適当な写真をドラッグ&ドロップすると完了
とりあえずは、安心して触れるようになりました。